本漆金継ぎ

本漆と蒔絵を使った日本の修復技法

本漆金継ぎについて

漆金継ぎについて

割れ、欠け、ひびなどが入ってしまった陶磁器やガラス器、漆器などを(ほん)(うるし)で接着し、継ぎ目や隙間などを漆芸技法で丁寧に復元した後に(まき)()技法で金や銀、プラチナなどの金属粉を蒔いて化粧(装飾)する日本独自の技で金繕いとも呼ばれます。


修理後に現れた継ぎ目を「景色」と称し、破損前とは異なる趣は楽しみのひとつです。大切な器が欠けたり、割れてしまった哀しさはもちろんありますが、漆で繕うことで以前にも増して自分の器になる気がする。そんな癒しの効果もある日本ならではの修復技法です。


時間はかかりますが、天然素材のみで直す本漆による金継ぎは強靭且つ美しい仕上がりで口に触れる食器には最善と言えます。本漆金継ぎは多くの方に知っていただきたい暮らしの選択肢です。


現代では本漆の代わりに簡易的に合成接着剤や合成漆を使うこともありますが、漆造形にし山では本漆のみを使用します。

金継ぎした器は電子レンジやオーブン、食器洗浄機の使用は避けてください。

漆金継ぎの修理

金継ぎの様々な修理方法や呼び名を紹介します。

割れ

1つの器が割れて複数のパーツに分かれてしまう状態です。

割れ方によって難易度が変わってきます。

複数の割れや欠けある器

複数の割れや欠けある器

小さな割れと欠けのある器

小さな割れと欠けのある器

欠け

器の一部が欠損してしまった状態です。

本漆でつくるパテ状のものを埋めて成形し、器のかたちを取り戻します。

欠けのある器

欠けのある器

欠けと小さな割れのある器

欠けと小さな割れのある器

ひび or にゅう

深さのある亀裂や水漏れが生じる状態をひび、浅いひびがうっすら確認できる状態で使用に支障のない程度をにゅうと呼びます。

小さな欠けとひびのある器(before)

小さな欠けとひびのある器(before

金消粉にて仕上げ(after)

金消粉にて仕上げ(after

  • ほつれ

    器の表層が剥がれるように欠けた比較的小さな破損です。

    粉引の器に多く見られます。

  • 共継ぎ(共直し)

    破損部分を本来の器の色や質感に近づけて仕上げる方法。

  • 呼び継ぎ

    破片が欠損して足りない箇所に別の器や木などを当てはめて修理する方法。

漆金継ぎのご依頼を承ります

お見積りのご依頼は、専用メールフォームに下記必要事項を入力の上、ご依頼ください。ご相談はお問い合わせフォームにてお気軽にお問い合わせください。

修理のお見積は無料ですが、本漆による金継ぎは熟練の技術で時間と手間をかけて修理するため、最低価格を5,000円(送料別)に設定しています。

複数のご依頼を頂いた場合、仕上げ方にもよりますが破損状況の軽いものにつきましては5,000円以下での修理も致します。

  • 修理する器の素材(陶器/磁器)とサイズ(高さmm× 幅mm× 奥行きmm)
  • 修理箇所の状態とサイズ(表側と裏側それぞれの長さmm、幅mm)
  • 修理する器の写真(表側と裏側の全体像、修理箇所のアップ)
  • ご希望の仕上げ方(本金/プラチナ/本銀/錫/銅/真鍮/漆など)
  • お名前、ご連絡先など

Menu